わからない英語で話しかけられた時の対応。息子編。


様々な人種のお友達と出会う、自宅近くの広場。

オーストラリアに来て1ヶ月半、息子が少しずつ私が外でする挨拶や会話が、家で話す言葉と違うことがわかってきた模様。

電話をする真似遊びの受け答えがいつのまにか「yeah yeah」になっている。

外で見知らぬ人に投げかけらる「hello」に反応する。そして自ら言う。

先日、外で遊んでる時に4歳の女の子に話しかけられた息子、

女の子「Can you say umbrella?」

息子「yeah!」

このやり取りを数回、

少し苛立った様子でまた女の子「Can you say UMBRELLA???」

息子「YEAH!!!」(なぜか息子も少し苛立っている言い方)

英語がわからないから、とりあえずYESって言っておく状態になっている。

私も、ある、それ私もあるぞ、息子よ。

あった、じゃなくて現在進行形で、よくわからない時「イエ…Yes…?」って超適当に言ってることあるぞ。

でもね、お母さんはあなたのように、そんな時ものすごい確信を持った

「YES‼︎」は言えないよ。

お母さんのはNoとかsorryが入り混じったよくわからないYesだよ。

あなたはすごいよ。尊敬。

この調子で、わからないことに劣等感を感じず自信持ってスクスクと育っていただきたい。

お母さんも頑張る。



by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA